「4時間の幸せと、30分の空白」。平凡な自転車乗りの崩れ去る日常

 

今回は

「自転車楽しくなったら2台目、欲しくなるよね」

という自転車乗りにありがちなお話。
いちおう、前回の続きです。

最初に買った5万円のジャイアントのマウンテンバイク。あちこちにツーリングにでかけ、通学にも使った。パーツもちょこちょこ変えてグレードアップしました。

でももっといい自転車が欲しい。乗れば乗るほど、ココをあーしたい、アソコをこーしたいという欲求が頭をもたげます。乗ればなんらかの判断基準、ものさしが自分の中にできます。最初の1台は安い自転車でいいんだよっていう理由のひとつでもあります(これはまた別の機会に書きますね)。

そうだ根本からグレードアップしなくてはいけない。新しいフレームが欲しい!!! 僕は新車の購入を決意しました。

当時はインターネットはなかったので、公共に出回っている情報源は自転車専門誌やカタログだけ。それらを毎夜のように読みふけって、「コレだ!」と思える1台を探しました。

 

2台目は10万円の自転車を買ったぜ!

 

そして、2台目に買ったのが10万円のマウンテンバイクの完成車。細身のクロモリフレームで真っ赤に塗装されたスペシャライズド・スタンプジャンパーでした。まだ学生だった僕でしたが、アルバイト、というより新聞奨学生だったので、そこで得たお金を捻出したのです。

ちょうど20年ぐらい前のことですから、現在の貨幣価値に換算すれば30万円ぐらいに相当すると思います。

U・S・O です。。。でも、気分的にはマジでそんな感じだったんですよ!

ハタチそこそこのセイガクに、10万円の自転車とはそれぐらいの高い価値だったのです。

もうね、いまのレース会場で小学生クラスでカーボンフレームにXTコンポでサスに油圧ディスクブレーキなんて見ると、うらやましさを超えて、妬ましいとさえ思えてきます。

こっちは同じ”しょうがくせい“でも、クロモリフレームだし、フルリジッドでサスなんかないし! Vブレーキでさえもまだ登場してないし! サスペンションとかディスクブレーキなんか、マンモスのカミカゼダウンヒルを走るマシンにつくスペシャルパーツみたいな、そういう時代だったんですよねえ。

 

今じゃ、こんなに進化してますよ。

P1030278

これはスペシャライズド・スタンプジャンパーのフルサス、2016モデル。

手前のがスタンプジャンパー・FSRエキスパートカーボン650b
720,000円

奥の白いのがスタンプジャンパー・FSRコンプカーボン650b
499,000円

 

150mmトラベルの前後サスペンションに加えて、650Bと26インチよりも大きなタイヤで走破性高く、もちろん油圧式ディスクブレーキ。んでもって、軽~いカーボンフレームだ!

トレイルライドはもちろんのこと、マラソン系のレースに最適。ホビーとしてなら、XCレースもDHレースも楽しめますよ。1台だけ自転車をもって旅に出ようと思ったら、こういうバイクがあれば事足りるわけです。マウンテンバイクの場合は、ですけどね。

 

 

当時、僕が買ったモデルを現在に置き換えると、このぐらいかな?

 

RH_COMP-29

出典 スペシャライズド・ロックホッパー コンプ29
116,000円

XCレース事始めには、まずはこれで十分と思えるほどのスペックですね。

 

 

話は戻って、10万円の新車を買ったときは、めちゃくちゃ興奮しましたよ!

まずは公園などを走り感触を確かめました。それはそれはもう夢心地のようでした。「うわー、めっちゃ走り軽いし!」みたいな。そしてこれからいろいろいじって、自分の身体になじんでいくんだ。そういう感動と期待に満ちていたのです。