スクールは上達への近道! 「はじめてのゴンゾー」参加者の声

「はじめてのゴンゾー」の参加者にスクールの感想を聞いてみました。写真のヒノさんは、ゴンゾーパークのようなオフロード専用コースを走ることだけでなく、スクールへの参加も初めてだそうです。

「バンクが怖い」というヒノさん。克服できたでしょうか?

 

ロードバイクでは意識しなかったことが多かったと再認識

「バンクの曲がり方が勉強になりました。顔の向け方、肘の使い方はロードバイクに乗っているとあまり気にすることはないですね。やはりバンクが怖いですね。たぶん、顔や身体が自転車の向く方向を向いていないんだと思います。ロードバイクだと体力に重点をおいてしまっているような気がするんですよね。山の中を走っているときも体力でガシガシ上っているような気がします。こういったスクールに参加すると、これからは膝や頭の位置を意識できるようになるような気がしますね。

このサーリーのマウンテンバイクを最初に買って、初めのうちは太めのスリックタイヤを履いて、ブルホーンバーをつけていたんです。ロードバイクを買ったことで、マウンテンバイクのほうはロードバイクでは行けないところを走れるようにしたいと思って、オフロード仕様にして山の中をすこしずつ走っている感じですね。

たまに山のシングルトラックやジープロードも走るんですが、下り坂でバイクに乗ったまま下れるようになりたい。サーリーのこのバイクはサスペンションがないので、他のちゃんとしたマウンテンバイクに比べると下りやコーナーは難しいでしょうから、テクニック面でカバーできるようになれればいいなとはいつも思っていますね」。

ヒノさん、インタビューへのご協力ありがとうございます!

サーリー・1×1はマウンテンバイクの原型であるクランカーを意識して組んだというヒノさん。

内装8弾変速で見た目はシングルスピード。

クルーザー感覚で走れるシムワークスのハンドルバー。

 

他の参加者からの声もご紹介しましょう。

「スクールは初めて参加しました。頭ではわかっているつもりでも、身体がついてこないですね(笑)。でも、だいぶわかってきた気がします。休憩してからまたコースに戻ると、身体が自然に動く感じがしました」。

「トレイルだと反復練習できなかったりするので、専用のコースで繰り返し練習できるのはいいですね」。

「以前はオートバイに乗っていました。オートバイだとエンジンのパワーに任せてなんとなく上れていたのが、自転車だとなにもできない(笑)。そういうこともマウンテンバイクに乗って、スクールにも参加して勉強になりました」。

「マウンテンバイクに乗るときに、目線ということを今まで考えたことはなかった」。

「本を読んで実際に練習してみても、自分で合っているのかどうかが分からないですよね。で、そのまま乗り続けて結局間違ったままになってしまうのかなって思います。次回もまた参加したいですね。帰ったら忘れてしまいそうなので」。

スクールで得るものがあったということが、皆さんのコメントから感じられました。走りも短時間でレベルアップしたはず!

 

MTB、BMX、ランニングバイクなどのレンタルバイク

レンタルバイクでBMX体験。

新設されたパンプトラックコース。

ランニングバイク用のキッズコース。

 

おかっぴさんのスクール「はじめてのゴンゾー」と「スキルアップライド」が開催されたゴンゾーパークのように、見渡せる範囲でいろんな練習ができる施設って貴重ですね。それに、おかっぴさんだけでなく、複数のライダーがスクールを開催している点もポイントです。教えてもらうほうが上達も早いし、安全で確実にステップアップできます。

ゴンゾーパークはレンタルバイクもあり、気軽にマウンテンバイク&BMX体験している人が多かったのが印象的でした。またキッズ層の利用も多く、大人と子供が同じコースで楽しみを共有している点もすばらしいと感じました。マウンテンバイクやBMX、ストライダーなどのキックバイクを親子で一緒にまる1日楽しめますね。最近は初心者層が増えているということです。マウンテンバイクやBMXの初心者、ビギナー層の方にもオススメのコースですよ。

 

おかっぴさんのウェブサイト route-okp.com

ゴンゾーパーク gonzopark.com