スポーツ自転車好きにオススメの電動アシスト自転車、しかもミニベロ見つけたよ

ハンドリングが素晴らしい!

 

そして、エネモービル・Sが素晴らしいのはハンドリングのナチュラル加減。
曲がりたい方向を見て、ペダルとハンドルに荷重をかけて曲がりたい方向に重心をスッとかけると、きれいに曲がっていきます。

曲がるイメージに対して忠実で、違和感がない。

この「違和感がない」ってのが大事です。
感じ方は人それぞれですが、MTBで山道のシングルトラックも走り回っている筆者にはかなり乗りやすかったんです。

同じミニベロのオフタイムはクイックすぎでちょっと不安定感があった。ハンドルを中心にクルンと曲がる感じで、個人的には苦手なタイプ。
グリッターは逆に直進時の安定感は高いけど、曲がろうとしても曲がらないような違和感。もっとも商品特性から考えれば安定感が良いのは、イメージにも合っていると感じました。

その点、エネモービル・Sは、意のままに曲がる感じが心地よい。

それでいて、直進時の安定感もちゃんとある。

スポーツ自転車として、スポーツの道具として違和感なく乗れるってことがすごくイイ!

割り切った装備ゆえに使いこなしの工夫も必要だけど、素性がいいってのはスポーツの道具として大事だと思うわけです。

 

ちなみに試乗したのはふくいオトナ博2016という福井県の県産業会館でのイベントでした。

いろんな体験コーナーがあり、そのなかに自転車の試乗コーナーもあったわけです。

 

202

電動アシスト自転車を中心に展示していたパナソニック。

209

 

211

パナソニックのディスクロード ORCDO3 もありましたよ。

 

204

ほかにもメリダのロードバイクやマウンテンバイクも試乗車で展示。

 

039

スポーツ自転車はサドルが高いので、初めての人はこぎ出すだけで一苦労。

いわゆるママチャリとは、最初のまたぎ方からして違うんです。
サドルに座ってからペダルを踏もうとするんですが、サドルが高いスポーツ自転車の場合はフレームにまたがって、ペダルを漕ぎ始めながらそれと同時にサドルにおしりを乗せます。

慣れてくると当たり前のことかもしれませんが、最初は怖いよね。
と、初体験の人の様子を見ながら、筆者も初心にかえるのでした。

 

競輪選手のトークイベントもありましたよ。

121

質問コーナーがあったので「休日は自転車に乗りますか」とアホな質問をしてみたところ、「疲れをとるために乗りますね~」とのことでした。
マウンテンバイクは乗ってないと思います(笑)。

ちょうど開催されていたガールズ競輪を中継しながら解説もされていたんですが、ガールズ競輪は「地域ごとのラインがないのでガチ勝負が面白い」んだそうです。

お山でマウンテンバイクばかり乗っていて、競輪はさっぱりわからない筆者なのですが(笑)、一度ツウな方といっしょに車券を買いに行きたいですね~。

 

パナソニック 自転車ウェブサイト http://cycle.panasonic.jp/
※価格はすべて執筆時。すべて税抜き価格です。